只今人生留年中。駆け出し野郎ケイボンのブログ

2016年の就活生の内訳中わずか3%の変態就職浪人にして、親のすねをかじる再就活中の本州最強のカスです。読んでもらった人に失笑してもらえれば嬉しいなぁと思います。

「使わなくなった買い物の品々」で、"王道妖怪バトルストーリー"が再現できた



 

 

 

こんにちは!

 

f:id:kazamakun1214:20161024160615j:image 

 

皆さんは、買ったけど現在全く使用していないものが家においてあることはないですか?

 

例えば、なんとなくかっこいいから買ったブルガリの香水(基本香水つけないくせに)、おしゃれなタイ料理を作ろうと思い買ったナンプラー(使い道が少ない)、その時のテンションで買った金箔系のAV(本当に好きなのは巨乳痴女系のAVなのに)などなど。

 

自分も、購入したはいいけれど、まるで使っていない、むしろ邪魔!という品々がありまして、1人暮らしの1Kの狭いスペースを埋めています。 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160637j:image

代表的なものだと、この5点の品々です。 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160648j:image  

まずは女性のカツラ。

 

彼女が欲しかった時期に、「自分が彼女になれば全てが解決するんじゃない?」と発想し女装の際に使用したはいいものの、その後全く使わなくなった代物。

 

余談ですが、自分自身が彼女になることはできず、心の闇はますます深まるばかりでした。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160659j:image

続いて麦わら帽子。

 

「今年の夏こそ虫取りに行こう!」と思い、形から入ろうと決心した際に購入した代物。

 

結局虫取りへは行かず、麦わら帽子を使用することは、今季ありませんでした。

 

就職浪人してるので、本当はそんな暇ないはずなんですけど。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160708j:image

女性用の花柄エプロン。

 

これも女装の際に使用した道具の一つですね。

 

4000円しました。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160718j:image

続いてランニングシャツ。

 

今やなかなか見かけることのないこのランニングシャツも、虫取り少年の格好で虫取りに行こうとした際の代物です。

 

メッシュなので、これを着ても乳首や脇毛がダイレクトに視界へ飛び込んできます。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160728j:image

虫かご。

 

説明は不要ですね。 

 

そんなわけで、これらの品々はどうしたものかと、ここ最近の自分はずっと頭を悩ませ続けておりました。 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160759j:image

「捨てるのも面倒くせぇし、でも邪魔!あ~もうどうすればいいんだぁ~!!!」

 

と苦悩を続ける自分でしたが、

 

f:id:kazamakun1214:20161024160813j:image

「あ、こいつらを使って俺の大好きな王道のバトルストーリーを作ろう!

 

という発想にいたり、無事解決しました。

 

過程:カツラがある→妖怪に見えるな→じゃあバトルしよう、犬夜叉みたいな感じで→王道妖怪バトルストーリーを再現しよう!

 

そんなわけで、しばしの間おつきあいいただけると嬉しいなぁと、思います。 

 

 

設定

ここではささっと、自分の考えたストーリー設定について紹介します。

 

ある日、1ヶ月前に亡くなった父の遺品を整理していた大自然大学の大学教授、「ネイチャー恩田」は父の部屋で何やら怪しい包みを発見。実はそれ、平安末期に京都を恐怖のどん底に陥れた大妖怪「髪女武者」を封じ込めた布だった。なんと「ネイチャー恩田」の一族は代々妖怪退治、封印を生業にしてきた血筋。しかし、「髪女武者」の封印が解かれてしまい、「ネイチャー恩田」は殺されてしまう。これはそんな「ネイチャー恩田」の仇を討つべく、「髪女武者」を倒すために立ち上がった、ある1人の就職浪人生の物語。

というのが大筋のストーリーになります。

 

登場人物

登場人物の設定を紹介。

 

ネイチャー恩田

f:id:kazamakun1214:20161025220536j:image

東京は北千住にある大自然大学(偏差値26)で、大自然学を教えている日系5世の大学教授。

 

家は代々妖怪退治を生業にしてきた由緒ある一族。

 

実家に帰った際、封印されていた「髪女武者」の封印が解けてしまうのを目撃。

 

そしてその後、大学に乗り込んできた大学生の青年(髪女武者)に、超常的な能力で殺されてしまう。

 

好きな女性のタイプは井上和香のような巨乳

 

享年35歳。

 

髪女武者

f:id:kazamakun1214:20161025220641j:image

1000年以上も前に京都を恐怖のどん底に陥れた大妖怪。

 

男にとりつきその体を媒介にして、凄まじい超能力をつかいこなし、人類を滅ぼしてしまおうと考えている。

 

男嫌いだが、なぜか取り付く相手は男だけというビッチ妖怪。

 

乳纏ケイゴ(主人公)

f:id:kazamakun1214:20161026004341j:image

大自然大学の卒業生。

 

巨乳好きの就職浪人生だが、なぜか大学で講義を受ける。

 

在学時はネイチャー恩田のゼミに入っていた。

 

とにかく巨乳が好き。好きな巨乳は馬場ふみか。

 

TSUBAKIオイルを、唾の成分の一種だと思って興奮したことがある。

 

大学生の青年

f:id:kazamakun1214:20161026004417j:image

髪女武者に体を乗っ取られ、ネイチャー恩田を殺してしまった不運な大学生。

 

好きな作家は山田悠介。彼女がブス。

 

第一話 大妖怪復活!

大自然大学で教鞭をとる教授のネイチャー恩田は、1ヶ月前に亡くなった父の遺品を整理していた。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160841j:image

「相変わらず汚い部屋だなぁ~」 

 

父の部屋はいつもこのように、漫画や書籍が乱雑に置かれており、豪快かつ大雑把な父の性格がよく現れていると恩田はいつも思う。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160846j:image

「全く、70にもなって、この部屋の汚さはどうかと思うぞ、親父よ」 

 

片付けの面倒くささに、ついつい独り言をつぶやいてしまう恩田だった。

 

「ん?」

f:id:kazamakun1214:20161024160901j:image 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160915j:image

ふと大きなタンスが目に止まった。 

 

特段変わりがないように見えたが、それでも恩田はこのタンスの中から"何か"を感じ、取っ手に手をかけ、開こうとする。

 

f:id:kazamakun1214:20161024160924j:image

ギギギィィィィ~ 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160934j:image

扉を開け中を覗くと、何かが中に入っていた。

 

「これはもしかして......」 

 

f:id:kazamakun1214:20161024160945j:image

目に飛び込んできたのは、不気味な文様をした布。その布で何かを無理やり縛り付けているような印象を受ける。 

 

 f:id:kazamakun1214:20161024161040j:image

「親父が前に話してた大妖怪、髪女武者を封印してる布じゃないか?」 

 

思わず食い入るように見つめる恩田。

 

 

すると

 

f:id:kazamakun1214:20161024160952j:image

 

包まれていた布がスルスルとほどけてしまい、女性?の髪の毛がゴワっと目の前に現れた。

 

髪女武者だ。

 

 

f:id:kazamakun1214:20161024161023j:image

そして次の瞬間、髪女武者が恩田めがけ猛スピードで向かっていく。

 

f:id:kazamakun1214:20161024161032j:image

「う、うわぁぁあっぁあ~~~~~!!!!!!」 

 

しかし髪女武者は、恩田を避け外へと向かおうとした。

 

f:id:kazamakun1214:20161024161359j:image

 

f:id:kazamakun1214:20161024161405j:image

 

 

f:id:kazamakun1214:20161024161410j:image

 

 

f:id:kazamakun1214:20161024161426j:image

そして猛スピードで外へ飛んでいく。 

 

「な、何なんだ......ん?奥に何か...... 

f:id:kazamakun1214:20161024161446j:image

暗闇に目を凝らすと、蒼い虫取りカゴと、茶封筒の存在に気がつく。 

 

f:id:kazamakun1214:20161024161456j:image

「親父から俺宛ての封筒?」 

 

f:id:kazamakun1214:20161024161502j:image

「ただの虫取りカゴ......だよな」 

 

とにかく茶封筒の中身を見てみることにした。

 

f:id:kazamakun1214:20161024161508j:image

 [我が息子ネイチャーへ。この手紙をお前が読んでいるということは、すでに私はこの世にいないのだろうな]

 

「うるせぇさっさと説明しろ」

 

[我が一族が代々封印していた髪女武者のことは昔から話していたことと思う。実は今、いつその封印が解けてもおかしくはない状況にあるのだ。] 

 

「それは知らなかった」

 

[もしも蘇ってしまったら、お前に再び髪女武者の封印をしてもらうしかないだろう。]

 

「そっかぁ」 

 

[お前の持っている麦わら帽子と虫かごを使えば、髪女武者を再び封じ込めることができる]

 

そしてその続きには、髪女武者を倒し封印するための方法が密密と書かれていた。

 

「といっても俺も忙しいしさ......」

 

[そして、緑のリストバンドをしたもう一人のお前に協力を仰ぐんだ]

 

「ん?なんのことだ?もう一人の俺?......わけわかんねぇ」

 

一抹の不安を覚えながらも、亡き父の遺言は無視できない恩田だった。

 

第二話 憑依

 髪女武者視点の第二章。

 

「ふんふーん♪さーて、講義終わったし、家に帰ろうかな!」

f:id:kazamakun1214:20161025221028j:image

 f:id:kazamakun1214:20161025221052j:image

 

f:id:kazamakun1214:20161025222618j:plain

 

そんな大学生の青年めがけ、髪女武者がどこからか猛スピードで突っこんでいく。

 

 

「う、うわぁ~!!!」

 

f:id:kazamakun1214:20161025222705j:plain

f:id:kazamakun1214:20161025222731j:plain

 

もがき苦しむ青年だったが、どうにもならない。

 

f:id:kazamakun1214:20161025222818j:plain

ファサッ...... 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025222845j:plain

「キキキ......ニンゲンミナゴロシ......」 

 

不気味な笑いをたたえるその姿に、優しい青年の面影はすでになかったのだった。

 

 

第三話 ネイチャー恩田の意志を継ぎしもの

いつも通りの生活を崩すわけにもいかず、恩田は自身が教鞭をとる大自然大学へと講義のため赴いた。

 

すでに教室には溢れんばかりの人が集まっている。

 f:id:kazamakun1214:20161025222918j:plain

「は~い授業を始めるぞ~」

 

 

前の席には巨乳アイドルの写真集をにやけながら読む、乳纏の姿。

f:id:kazamakun1214:20161025223845j:image

 

f:id:kazamakun1214:20161025223400j:image

「なぜかあいつのことは叱れないんだよなぁ、他人のように思えなくて」と呆れる恩田であった。

 

 

実は彼も巨乳好きだったため、同じく巨乳好きの乳纏に対しシンパシーを感じていた。 

 

卒業生が授業を受けにくるなどということは、あってはならないことなのだが、何かしらの親密を感じていた恩田は、決して乳纏を追い出すような真似はしない。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025223015j:plain

「ん?」

 

 

ふと乳纏の後ろの方に目を向けると、見慣れない長髪の青年が。

f:id:kazamakun1214:20161025223450j:image

 

 

「あんな奴いたっけな?」

 

 

ニヤッと恩田を見ながら笑う青年。

 

f:id:kazamakun1214:20161025223524j:image

 

慌てて目をそらしてしまう恩田。

 f:id:kazamakun1214:20161025223638j:image

 

 

 

「よ、よし、じゃあ今日はここまで!」

 

 

 

そして授業が終わり数分が経つと、教室には恩田を含め三人しか残ってはいなかった。

 

 

乳纏は相変わらず写真集を見ている。

f:id:kazamakun1214:20161025223831j:image

「ウッヒョー!ムチムチやんけ!」 

 

長髪の青年はというと、何やら恩田の方に近よっていく

 

f:id:kazamakun1214:20161025231611j:image

f:id:kazamakun1214:20161025224215j:image

 

f:id:kazamakun1214:20161025224245j:image

「ん?何か授業のことで聞きたいことでも......」

 

思わず目をそらしながら尋ねる恩田。

 

 

恩田が言い終わるその瞬間、青年が恩田に向けて手をかざす。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025231542j:image

「ハァ!!」

 

f:id:kazamakun1214:20161025224343j:image

「ウグッ!」

 

 

胸を抑え苦しみはじめる恩田。

 

写真集を見ていた乳纏は何事かと恩田の方に目を向ける。

 

f:id:kazamakun1214:20161026020848j:image

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025231510j:image

「シネ、ニクイニクイ恩田ノモノメ!オマエラノセイデワタシハナガイアイダアンナセイマクテクライトコロニトジコメラレテキタンダ!ニクイカラ、シネ!」 

 

 

あまりの痛みに耐え切れず、倒れ込んでしまう恩田。

 

f:id:kazamakun1214:20161025224558j:image

  

 

f:id:kazamakun1214:20161026023325j:image

 

そんな恩田の様子を見て、急いで駆け寄る乳纏。

 

 

そんな2人を尻目に不敵な笑みを浮かべ、長髪の青年は去っていった。

 

f:id:kazamakun1214:20161025231510j:image

f:id:kazamakun1214:20161025224657j:image

f:id:kazamakun1214:20161025224809j:image

 

そして乳纏は

 

 f:id:kazamakun1214:20161026015709j:image

「大丈夫ですか!?恩田先生!?」と心配そうに声をかける。

 

 

倒れ込む恩田は苦しみながらもはっ!とした表情に

 

「そのリストバンド......そうかお前が......」

「えっ?なんですか?どうしたんですか?」

 

 

 f:id:kazamakun1214:20161025224947j:image

「こ、これを......」

 

 f:id:kazamakun1214:20161026015726j:image

「なんですかこれ?」

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225013j:image

「奴を倒せ。この紙に詳しいことは書いてある......あと、この帽子と虫かごをお前に......」

 

 f:id:kazamakun1214:20161026015754j:image

「ちょ、ちょっと!?恩田先生!?」

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225042j:image

「た、頼んだぞ」

 

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161026015807j:image

f:id:kazamakun1214:20161026015817j:image

f:id:kazamakun1214:20161026015827j:image

f:id:kazamakun1214:20161026015836j:image

f:id:kazamakun1214:20161026015854j:image

 f:id:kazamakun1214:20161026015909j:image

「ネイチャー恩田先生~!!!!」 

 

乳纏は泣いた。

 

第四話 対決

f:id:kazamakun1214:20161025225140j:image

「探したぜ......」

 

 

乳纏の視線の先には、髪女武者に憑依された青年の姿が。

f:id:kazamakun1214:20161025225238j:image

 

「てめーだけは、絶対に許さねぇ......」。

 

四時間という膨大な時間をふんだんに使い、ついに乳纏は髪女武者を発見したのだった。

 f:id:kazamakun1214:20161025225311j:image

f:id:kazamakun1214:20161025225330j:image

f:id:kazamakun1214:20161025225357j:image

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025225423j:image

「けりをつけるぜ、髪女武者よ。」

 

 

駆けていっていきなりキックをかます乳纏。

 

ケリをつけるだけに蹴りを入れようとした、ということだ。

 f:id:kazamakun1214:20161025225458j:image

 

その攻撃を受け苦しむ髪女武者。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225544j:image

 

  続いて麦わら帽子を取り出しその裏側を髪女武者に見せつける乳纏。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225622j:image

f:id:kazamakun1214:20161025225645j:image

 

 

「奥義!サマーメモリー・オン・ザ・キング!」

 

麦わら帽子の裏側に染みこんでいるのは汗だけではない。

 

昆虫入れとして虫かご代わりに使ったり、好きな女の子に振られたときの泣き顔を隠すためのブラインドとして使った際染み込んだ涙が、夏の思い出となって麦わら帽子の裏側に溜め込まれているのだ。

 

その溜め込まれたエネルギーを一気に放出するのが奥義、サマーメモリー・オン・ザ・キング。

 

そんな強力な奥義を食らい、もがき苦しむ髪女武者。 

 f:id:kazamakun1214:20161025225728j:image

「グワッ!!!オ、オノレェ~!!!」 

 

その機に乗じて虫かごを開き、再び髪女武者を閉じ込めようとする乳纏。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225758j:image

「終わりだ!」 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025225818j:image

 

しかし敵もさるもの。

 

髪女武者は苦しみながらも、乳纏へ手をかざし攻撃を始める。 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025225850j:image

「キェェェエエエエエー!」

 

その攻撃を食らってしまった乳纏。胸を抑えて苦しみ始める。

 

 f:id:kazamakun1214:20161025225943j:image

「ガッ!?」

 

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230007j:image

「ケッケッケッ!シネ!」

 

 

 

「くそっ!何かいい手は…」

 

苦しむ乳纏の足元に、起死回生の切り札が転がってきた。

 

f:id:kazamakun1214:20161025230118j:image

「こ、これは!......よし!」 

 

足を後ろに振り、思いっきり青の球体を髪女武者めがけ前方に蹴り出す。

f:id:kazamakun1214:20161025230224j:image

 

 

強烈なシュートが髪女武者に炸裂した。 

 

 

f:id:kazamakun1214:20161025230253j:image

 

「グオオオオオオオオオオオ!!!」

 

 

苦しみもだえる髪女武者。 

 

そう、恩田から渡された手紙を読んで彼は知っていた。

 

髪女武者が妖怪になる前の話を。

 

f:id:kazamakun1214:20161025230328j:image 

「お前は人間だったとき、蹴鞠の京都チャンピオンに恋をした!しかし彼はお前がタイプではなかったため激しく罵倒した!そのときの悲しみが今のお前、つまりは髪女武者の誕生のきっかけだったんだ!」

 

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230353j:image

「ヤ、ヤメロ!ソノハナシハ、ヤメロォォォーーーー!!」

 

 

耳をふさぎ、乳纏の言葉を聞かないようにする髪女武者だったが、サッカーボールによるダメージが消えることはない。

 

「そんなお前に現代版蹴鞠の球である、サッカーボールをぶつけて効かないわけがねぇ!!!」

 

そして、転がっていた虫かごを拾い、封印の準備に入る乳纏。

 f:id:kazamakun1214:20161025230427j:image

「さぁ!これで終わりだ!髪女武者!」

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230446j:image

「イタイイタイ!モットヤサシクシテヨ!」

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230521j:image

「うるせぇブス!」

 

 

ついに長きに渡る戦いは終わった。

 

髪女武者から開放された大学生の青年はそれまでの記憶がなく、おもむろにブスな彼女の待つ自宅へと歩みを進めたのだった。

 

そして乳纏は..... 

 

第五話 エンディング

 

 

後日、乳纏は恩田に向かい、手を合わせていた

f:id:kazamakun1214:20161025230609j:image

 f:id:kazamakun1214:20161025230645j:image

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230617j:image

「恩田先生、仇はうったよ」

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230752j:image

「まさか俺が恩田先生のクローンだったなんてな」

 

改めて手紙の内容を読む乳纏。

 

知った時は衝撃こそ大きかったが、やっぱりなという感じもしていた。

 

彼が大学を卒業したにも関わらず、恩田の授業を受けに大学へきていたのは、同じ存在である恩田のことが気になっていたからだったのかもしれない。 

 

 f:id:kazamakun1214:20161025230739j:image

「ん~さて、俺は恩田先生の優秀な頭脳を引き継いだクローンだってわかったことだし、これから先の人生何もしなくても大丈夫っしょ!よし、帰って馬場ふみかの写真集でも読もう!

 

 

その後乳纏は、死ぬまで就職できなかったことを、ここであえて付け加えておきたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じです。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

クローンの伏線が巨乳しかないって?

 

 

それしか伏線張れなかったから、しょうがないですね。おっぱいは張ってますけど、巨乳だけに。垂れ乳の可能性もありますけどね。 

 

伏線になってないって?

 

 

黙れ

 

 

 

え?全然王道じゃないって?

 

 

 

世の中に本当の意味での王道なんて、ないのかもしれませんよ?......

 

 

というわけで......

 

みなさんも買ったはいいが使わなくなった品物があったら、ぜひ自分だけのストーリーを作ってみてください。

 

 

 

調理にフライパンも鍋も必要ねぇ!現代の環境からは想像もできない野生料理を紹介

皆さんは絵本好きですか?(この記事と関係が微妙にない質問です)

 

自分は本当に絵本が大好きでした。

 

今でも実家に帰りますと幼かった昔に帰ったような気持ちで、ボロボロの絵本を壊さないようにゆっくりとめくることがあります。

 

そんな絵本の中でも特に好きだったシーンがありまして。

 

大分記憶があいまいなのですが、「外に落っこちてるダチョウかなんかのでかい卵を、ふっくらとした卵焼きにして食べる」というシーンです。

 

その卵焼きの美味しそうな見た目もそうですが、何より野外で調理機器を使わずに野生の環境で作り上げた、という事実に心ときめかされました。

 

人ん家に生えている雑草の類を、3時のおやつ代わりにムシャムシャ食べていたこともあったほどの野生児だったため、余計に心惹かれたのでしょう。

 

つい最近読んだ「猟師の肉は腐らない」という本の中に、自然環境の中で調理器具を使わずに作り上げられた料理の記述があったので、紹介させてください。

 

将来、ベアグリルス的な業界に行きたい人は必見です。

 

 

猟師の肉は腐らないについて

 

猟師の肉は腐らない

猟師の肉は腐らない

 

 

アマゾンより引用した内容紹介を御覧ください。

猟師の知恵に思わず脱帽! こんな豊かな暮らしが山ン中にあるなんて。世界を巡った末に、故郷・阿武隈の山 奥に戻った猟師の義っしゃん。愛犬をお供に猪を狩り、岩魚を釣り、灰や煙を使って保存食を作り、冬に備え、危険から身を守る。蜂も蝮もなんだってご馳走になる。自然と生きる猟師の暮らしは、先達から受け継がれた様々な知恵と工夫がてんこ盛り。命の連鎖も身をもって学んだ、驚きの体験記。

猟師の肉は腐らない内容紹介から引用

 

猟師のおっちゃんの暮らしぶりを、現代人の普通?のおっちゃんが見て、聴いて、感じる物語です。

 

それではざっとした紹介が終わったところで、いよいよ自然を台所にした野生料理2つを紹介しましょう。

 

自然を台所にした野生料理➀「野兎の灰燻し」

猟師の義っしゃんが飼っている猟犬リュウは度々、野にいる獣を獲って家まで持ってくるということをするほど優秀な犬なんですね。

 

そんなリュウがある日獲ってきてくれた「うさぎ」。

 

なんと義っしゃんはそのうさぎを腐らせない調理をするというんです。

 

しかも冷蔵庫を使わずに。

 

というわけで、さっそくその腐らせないうさぎの調理の様子を書いていきます。

 

➀まず、野兎の下処理を始めます(毛皮をはいで内臓を取り出す)。

 

この内臓を取り出す方法がとても変わっているので、紹介させてください。

 

おもむろに木の枝をうさぎのけつにぶっさし、ぐりぐりと先端を回し始めて一気に引き抜くと内臓がボロっとついてくる、というもの

 

f:id:kazamakun1214:20161014232559p:plain

 

なんかこういう拷問方法、中世ヨーロッパにあったって言われても信じます。

 

ファラリスの牡牛並に嫌。

 

恐らく我間乱の虎穿は、この技法を参考にしているのでしょう。

 

➁穴を掘る(地面に)

 

➂穴の中(地面の)に葉っぱを敷き詰め、その上に内臓を失くしたうさぎを載せ、更にその上に葉っぱをかぶせる

 

④燃やす

 

⑤燃やした際に発生した灰をうさぎの肛門からガンガン詰め、全身にもまんべんなく擦り付ける

 

そう、腐らない調理法というのは"燻製"

 

とはいえ、燻製液を使いチップを準備して......といった現代人に想像できる燻製とは大分趣が違いますよね。

 

豚の肛門に灰を突っ込んで、ベーコンを作らないですもんね。

 

強いて言えば秋田の名物「いぶりがっこ」の燻し方に近いかなぁと、大分強引ですけど。

 

灰を肉に擦り付けるというやり方は、やはり珍しいものでしょう。

 

ちなみに葉っぱを燃やした際発生する煙と灰に殺菌効果があるそうで、そのおかげで腐らないうさぎ肉になる、という原理なよう。

 

燻製が終了したら、山小屋に戻り丁寧に焼いて食べました。

 

噛むと鼻腔から瞬時に煙の匂いがスーッと抜けてきて、口の中では硬い肉が歯と歯に潰されてほこほこと崩れてゆき、そこから野生に育てられた動物しか持っていない濃いうま味がジュルジュルと湧き出してくるのであった。

(猟師の肉は腐らないp69より引用)

 

めちゃくちゃうまそう。

 

自然を台所にした野生料理➁「水音焼き」

これは岩魚と山女を使った料理になります。

 

ちなみにこの水音焼きをやった場所は河原

 

調理器具などあるはずもないわけです。

 

それでも凄まじい調理をする義っしゃんの水音焼きの作り方、辿っていきましょう。

 

➀川から離れた砂地にて穴を掘り出し、それが終わると林に入って蕗の葉を獲ってくる

 

➁穴に蕗の葉を重なるように敷き詰め、すでに塩を擦り付けてあった岩魚と山女をその葉の上に乗せる

 

➂更にその魚の上に葉を乗せて、枯れ木も一緒に乗せてあげる

 

④ライターで火をつける(ここは文明の利器を使います)

 

そう、「水音焼き」とは蒸し焼きのことだったんですね。

 

ちなみに水音焼きの由来は、近くに流れる川の水の音を聞き魚を焼くことから来ているそう。

 

似たような料理は都会でもできそうですけど、本当の意味での水音焼きは難しいです。

 

そして口に入れて噛んだ瞬間、鼻孔からは蒸された蕗の葉の、干し草のようなかすれた匂いが抜けてきて、それに打ち消されたのか魚の生臭みは全く無い。噛むほどに口の中には、岩魚の品の良いうま味と微かな甘みとがピュルル、チュルルと湧き出してきて、それを皮と身の間についていた少しの脂肪のペナペナとしたコクが押し上げ、あじわいは絶妙であった。

(猟師の肉は腐らないp54引用) 

 

ペナペナって表現が個人的に気になります。

 

実家に帰りたくなった

岩魚とか山女の話をしていたら、なんだか実家に帰りたくなりました。

 

何もないのどかな村なんですけど、川魚は本当に美味しいんです。

 

皆さんもこの本を読んで、実家に帰るか、どこか田舎へ旅行でもしにいってみてください。

 

そのときめちゃめちゃなまって何言ってるのかわからない人がいたら、その人はもしかすると”義っしゃん”かもしれません......

 

可愛い女の子が出演するMVを"女の子のベストショット付き"で10個紹介

突然ですが、可愛い女の子が出演するMVっていいですよね。

 

自分は、そのバンドの曲にそれほど興味がなくても、MVに可愛い女の子がいると、ついつい最後まで見てしまいます。

 

そんな可愛い女の子がいるとMVを見がちな自分が、「この人は可愛い!」と思う人がいるMVを10個紹介します。

 

 

美少女が出演するMV①<刹那>

www.youtube.com

GReeeeNの名曲「刹那」。

 

このMVに出ている綺麗な女性こそ、山下リオさん。

 

A-Studioのアシスタントもやられていた女優さんです。

 

個人的なベストショットはこちら!

 

f:id:kazamakun1214:20161001234519p:plain

出典:youtube 

 

動画の中だと、16秒で見られる表情。

 

暖かさのある笑顔、自分は大好きです。

 

父親に料理を作っている際の味見シーンなんですが、「うん、これでよし!」的な表情がたまりません。

 

終盤にもいい表情をしているところがあるのですが、こちらを選びました。

 

美少女が出演するMV➁オレンジ


GReeeeN - オレンジ

またまたGReeeeNの曲です。

 

アップテンポで青春をビシビシ感じる良曲。 

 

このMVに出ている美少女は堀内実結さん。

 

この方も女優さんだそう。

 

そして個人的なベストショットはこれ!

f:id:kazamakun1214:20161001235922p:plain

出典:youtube

 

5分20秒の表情。

 

ここまで横顔がキレイな女の子もなかなかいないでしょう。

 

また、このMVだと初めはメガネ姿で登場していたので、外した後の美少女ぶりが半端なくインパクトあって......いい!

 

 

 

 

美少女が出演するMV➂扉


GReeeeN / 扉

最後のGReeeeN。 

 

このMVにアシスタントディレクター?役で出ている、女優の藤本泉さんのキレイさは半端じゃないです。

 

「こんな可愛いADありえないっしょ!」と思わず叫びたくなりました。

 

個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002000902p:plain

出典:youtube

 

4分46秒のシーン。

 

凛々しさのある表情がたまりません。

 

関係ないですが藤本泉さんには、一度おもいっきり肩の辺りを殴られたいです。 

 

 

美少女が出演するMV④コント

www.youtube.com

 

このMVに出ている美人さんこそ、女優の岩井七世さん。

 

2002年ぐらいには、てれび戦士としてテレビに出演されてました。

 

とにかく笑顔がめちゃくちゃいい!

 

MVのストーリーもスピードワゴンの小沢さんが加わり、面白いので見てみてください。

 

そして個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002001825p:plain

出典:youtube

 

1分22秒のシーン。

 

この好きな人をみるときのじっと見る笑顔みたいな感じ、たまりません!

 

また、なんといっても笑顔の可愛さが最高すぎます。

 

本当に最高。

 

 

美少女が出演するMV⑤クリームソーダ

www.youtube.com

またまたTHEラブ人間の曲です。

 

このMVに出てくる美女は糸井まどかさん。

 

ちょっと今は何をやられているか、わかりませんでした。

 

落ち着いた感じの美女で、大人なな見た目をされてます。またショートがよく似合ってる......

 

個人的なベストショットはこちら! 

f:id:kazamakun1214:20161002002534p:plain

出典:youtube 

 

2分3秒のシーン。

 

このはにかんだ笑い方がたまりません!

 

「そんなに見ないでよ~恥ずかしいじゃん照」的な。

 

本当に、こんな女の子と横浜東口方面のカフェに行ってみたいものです。

 

美少女が出演するMV⑥さらば涙

www.youtube.com

このMVでは2人の美女が登場しますが、今回ピックアップするのは、カメラマン役の方。

 

金城茉奈さんという女優の方だそう。

 

ちなみに同じくMVに出演されている鈴木ちなみさんも相当キレイなので、2人同時に追うとより楽しいかなと思います。

 

そして個人的ベストショットはこちら! 

f:id:kazamakun1214:20161002003513p:plain

出典:youtube

 

4分41秒のシーン。

 

自信なのか楽しさなのかわかりませんが、余裕を持った笑顔がとても素敵です。

 

こちらまでポジティブになるような、そんな笑顔ですよね。うん。

 

美少女が出演するMV⑦仮面

www.youtube.com

美学生図鑑にも写真が掲載されている田中真琴さん。

 

このMVではそんな彼女のクールビューティーぶりを楽しめます。

 

本当にキレイです。

 

個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002010154p:plain

出典:youtube

 

3分28秒のシーン。

 

ちょっと可愛すぎます。 可愛いよりもキレイの方が正しい言い方でしょうか。

 

こんなクラスメイトがいたら、ノロウィルスでも学校行きますね。周りの奴らにシバかれそうですけど。

 

 

美少女が出演するMV⑧自由

www.youtube.com

このMVに出てくる美少女、中村倫子さんは青文字系の人気モデル。

 

めちゃめちゃ可愛いです。

 

大学のとき、こんな子と同じグループで行動したかった...... 

 

個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002010352p:plain

出典:youtube

 

44秒のシーン。

 

こんな笑顔されたらねぇ、こっちはたまったもんじゃないんですよ!本当に!!

 

とはいえ一緒に、表参道で評判のパンケーキ屋さんに行きたいものです。

 

 

美少女が出演するMV⑨バンビーナ

www.youtube.com

急に時代は変わり......

 

布袋さんのMVに出てくる美少女こそ、元モデルの内田仁菜さん。

 

イギリスと日本のハーフらしく、はっきりとした顔立ちをされています。

 

 

個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002011626p:plain

出典:youtube

 

4分17秒のシーン。

 

いやぁ、こういうはっきりとした顔立ちの方も素敵ですね。

 

正にハイパー美少女。

 

小学生時代、隣の団地に引っ越してきて一目惚れするけど、好きだという気持ちをうまく伝えられず、向こうはイケメンのサッカー部キャプテンと付き合ってしまいそう。

 

美少女が出演するMV⑩春恋、覚醒

www.youtube.com

清楚系美人の正統派路線を行くこの美女こそ、小山莉奈さん。

 

男の憧れを体現したような美人で、MVの感じとめちゃくちゃマッチしています。

 

電車にこんな可愛い女の子がいたら、思わず目で追って、彼女が駅を降りようとしたらついでに足でも追ってしまうことでしょう。

 

個人的なベストショットはこちら!

f:id:kazamakun1214:20161002012651p:plain

出典:youtube 

3分23秒のシーン。

 

もう、美人!!

 

美人やぁ、透明感半端ないわぁ...... 

 

俺のマイナンバーあげるから付き合って欲しいです。

 

ただこういう子って、高校か大学を境目に絶対ビッチ化しますよね。 

 

まだまだ可愛い女の子が出演するMVはたくさんあるはず! 

まだまだあると思うので、これからも見つけたいと思います!

 

アディオス!

「いてくれると本当に助かるよ、サタン」一人暮らしの人に役立つ悪魔を紹介していきます......

1人暮らし歴5年のケイボンです。

 

1人暮らしって自由で小言も言われず、メリットしかないように感じられることが多いです。

 

でもそんないいことばかりでもありません。

 

まず寂しい。あとは、ゴミ出しや掃除が面倒。

 

などなど、1人暮らしの欠点を挙げるとキリがありません。

 

特に1番辛いのは話相手がいないこと。 

 

それら1人暮らしのデメリットを解消するために今回紹介するのは、悪魔

 

天使だと腹の底では見下してそうで腹立つので、悪魔を選択しました。

 

悪魔は見かけこそ悪いですが、「気のいいやつが多いんじゃないか」「色々な能力を持っているから一緒にいてくれたら楽しいんじゃないか」って気がしたのも理由のひとつです。

 

綺麗事だけじゃない、しっかりとした意見もいってくれそうだし。

 

そんなわけでさっそく紹介していきましょう。

 

 

参考:よくわかる「魔界・地獄の住人辞典」

よくわかる「魔界・地獄の住人」事典―サタン、ハデスから、死神、閻魔大王まで (廣済堂文庫)

よくわかる「魔界・地獄の住人」事典―サタン、ハデスから、死神、閻魔大王まで (廣済堂文庫)

  • 作者: 幻想世界を研究する会,ブレインナビ,ウェッジホールディングス=
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2008/02/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 7人 クリック: 65回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

 

一緒にいるだけで自慢できるかっこよさ「ルシファー」

f:id:kazamakun1214:20160929230241j:image

ルシフェルとも呼ばれる大悪魔で、悪魔たちを率いる地獄の王。

 

彼は、名前含めかっこよさの塊です。

 

「今日さ、家にルシファーいんだけど来ない?」みたいな誘い方であれば、大体の人が家に来てくれるでしょう。

 

ルシファーは自らが神の座につこうと考え反乱を企てたが、結果的に敗北してしまう。

 

うまく仲良くなれば、この辺りの話もしてくれるかもしれないので、なかなかたのしそうです。

 

 

クリエイティブ能力の固まり「グザファン」

第二階級の魔神でザファンとも呼ばれる。創意工夫に長け、発明の才能があるとされている。

1人暮らしであれば少しでも自分は楽をしたいもの。

 

グザファンに便利な電化製品やらなにやらを作ってもらえれば、超快適なお一人ライフを満喫できます

 

自分はとりあえず、無限に収納できる本棚を作ってもらいたいです。

 

彼は地獄の竈の火を絶やさないようにする仕事を担っている。

もし、ドラム缶風呂に入りたいなぁと思ったときには、グザファンの活躍ぶりが目に見えるようです。

 

体調が悪いときに大活躍!「ユフィール」

化学者の魔神として知られており、特に薬草学に関しては傑出した知識量を誇る悪魔である。

1人暮らしで辛いもののひとつといえば、病気になったとき。

 

心細くて、だるくて気持ち悪くて......このときだけは実家に帰りたいと強く願ってしまいます。

 

そんなときこそユフィール。

 

地獄の大悪魔の管理を担っている彼にかかれば、きっと病気にすらならないことでしょう。

 

病気による孤独を救ってくれる数少ない悪魔です。

 

 

ロマンティストな悪魔「アモン」

f:id:kazamakun1214:20160929230306j:image

最後に紹介する悪魔は、漫画デビルマンで主人公の不動明に憑依したアモン。

 

過去や未来を見通す力を持っており、気が向けば恋愛や友人同士の仲違いの仲裁を行うという変わった性質を持つ。また、詩の創作に長けていたようだ。

「本当に悪魔なの?」と思えるような点がいくつかありますが、注目したいのは「詩の創作に長けていた」という部分。

 

もし心が荒んでいたり、寂しい気分であるときは、彼の創作する詩によって元気づけられることがあるかもしれないからです。

 

とにかくエロい「エキドナ」

 f:id:kazamakun1214:20160929231248j:image

上半身は美しい女性、下半身は蛇という姿をしており、前述のヒドラや後に紹介するケルベロスやオルトロスの母として知られている。

 

ただただ、やりたい。

 

 

困ったときは呼び出そう

一人暮らしをしてみて、困ったときは黒魔術で悪魔を呼び出してみてください。

 

いや、やっぱりシャレにならないので、呼ばないほうがいいかもしれませんね。

 

はい、さようなら。

 

1人でもカップル気分が味わえる、天衣無縫の方法を紹介

f:id:kazamakun1214:20160923231154j:image

ケイボンです。

 

 

ここ最近、「彼女いたら俺の人生最高なのになぁ......」と思う回数が増えてきました。

 

 

なんででしょうね。1人でいる機会が増えたからかな。

 

 

思えば大学4年の夏に人生で初めて女の子と付き合い

 

 

  • 一緒にいるとき、きまずくてキモい
  • カラオケの声を勝手に録音してるのがキモい
  • 彼氏なのにfacebookの写真をこっそり見てるってキモい

 

 

という理由で1ヶ月持たずにフラれてから、約一年が経とうとしています。

 

 

あえて詳細は語りません。ひとつだけ言えることがあるとしたら、俺が100%悪いということぐらい。てへっ。

 

 

ちなみに、女の子にキモがられるのはこの時が初めてではありません。

 

 

そういったことが何度かあったため、自分でも「彼女できる気がしねぇな......」と常々思っておりました。

 

 

でも欲しいものは欲しい!

 

 

一緒に草津の温泉行って浴衣を選んだり、選んでもらったりして、卓球を一緒に和気あいあいと遊んで......みたいなことをしたいんです!

 

 

あと、できればすぐ別れたくもないですし......

 

 

あと、可愛い方がいいなぁ......うん。

 

 

そうなると、大分対象人数が絞られてくるわけです。

 

 

変態お金がなく親のすねを齧っているやつの彼女になんか誰がなるんだという話ですから。

 

 

あ!

 

 

いましたよ。

 

 

  • 自分の変態さを受け入れてくれて
  • 末永く(自分が死ぬまで)付き合ってくれて
  • 経済力が低くても関係のない

 

 

そんな自分にぴったりの彼女。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女装した自分です

 

 

 

 

 

 

 

 

幼少期、「女の子みたいに可愛いねぇ......」と親戚からも可愛がられていた俺ならば、きっと女装してもそこそこのクオリティに仕上がるはず

 

f:id:kazamakun1214:20160924001010j:image

 

 

もちろん、自分自身なので死ぬまで一緒にいますし、自分の変態性もよくわかっているので、引かれることもなく別れる心配はないのです

 

 

欠点はおっぱいがないことと、ち○こがついていることですが、まぁそこは目をつぶります。

 

 

 

さて、自分自身が彼女になることで、世界はどう変わるのでしょうか。

 

 

 

 

とりあえず女装

とにかく女装をしなければはじまりません。

 

女装する際に必要なものとして、大まかに2つあるなぁと考えた自分。

 

  • 女の子っぽい服装
  • 女の子になるためのメイクと髪

 

まず引っかかったのが、「女の子っぽい服装ってなんだろうな」ということ。

 

普通にLOWRYS FARMとか行ってフリフリのワンピースを買ってきてもよかったのですが、

 

「ああ、ただの変態じゃん。」

 

と思い購入はあきらめ、エプロンで女子感を出そうという結論に至りました。

 

そして池袋のロフトで、エプロンの購入をするわけですが......

 

f:id:kazamakun1214:20161015002731j:image

(え!?このエプロン4000円もすんの?)

 

この写真を撮ってくれている後輩と、相談しながらエプロンを買った自分。

 

心なしか表情が苦笑いなのは、エプロンの値段が4000円以上だったためです。

 

そう値札を確認していなかったんですね。

 

いかに女の子っぽい服装にするかだけ話していたので、すっかり確認を怠っていました。

 

今日しか着ないであろうエプロンに4000円は払えねぇ......と感じた自分。

 

でもまぁ交換してもらえばいいだけの話じゃないですか。しかし

 

f:id:kazamakun1214:20161015002746j:image

(あれ、あっちにもっと安いのあったよなぁ.....確か2000円くらいの)

 

と考えつつも、何か今更「やっぱり別の買うんで、これはいいですっていいにくいわぁ」とおもってしまう自分。 

 

こういうところなんでしょうね。就職できなかった理由は。

 

f:id:kazamakun1214:20161015002759j:image

(やべぇ......やっぱ買いませんっていいてぇ)

 

眉間のしわが樹齢100年の木の年輪みたいになってます。

 

結局交換せず、購入することに。

 

一緒にいた後輩にも「返品してくればいいじゃないっすか!」とアドバイスを受けました。

 

あはははは。

 

ちなみにこの後買ったカツラも4000円以上したということで、合計8000円の出費と、想定を遥かに超える損失を出してしまいました

 

自分、経営者には向いてないですね。多分。

 

5秒で倒産させる自信があります。

 

f:id:kazamakun1214:20161015002820j:image

(あー、乃木坂の深川麻衣さんとデートしてぇ......)

 

もう、現実逃避するしかない自分。車内でぎこちない笑みを浮かべるしかありませんでした。 

 

そして化粧品は家の近くの100円ショップで購入。

 

それまでのあほみたいな出費を抑えてくれました(自業自得ですが)。 

 

さて、家に着き、さっそくメイクをしてもらうことに。

 

メイクされてる最中、女の子って大変なんだなぁってずっと思ってましたね。

 

 でまぁ、下のような仕上がりになりました。

 

f:id:kazamakun1214:20160924001417j:image

 

ツインテール協会入れるんじゃねぇかな。 

 

 

佐野ひなこの後釜を狙いにいきます。

 

 

はい、すみませんでした。

 

 

f:id:kazamakun1214:20160924001430j:image

やはり......スノー?snow?スノウ?......の力はすごいですねぇ。 

 

高校のクラスでいうところの、上から7番目くらいの感じの女の子になりました。

 

 

そして、この子の名前は香代子しときましょう。

 

 

夢のシチュエーションを自分で再現

自分の考える、彼女との夢の三大シチュエーションというものがあります。

 

  1. ゲームを一緒にやる(できれば地球防衛軍)
  2. ピクニックに行く(井の頭公園を希望)
  3. 料理を作ってもらう

 

今回はそれら3つの中から「料理を作ってもらう」

 

 

を再現しました。

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20160923231203j:image

「あ~腹減った。香代子飯まだ~?乳首透けてきたんだけど」

 

f:id:kazamakun1214:20160923231213j:image

香代子「はいはい、もうちょっとだから待っててよ~」 

 

 f:id:kazamakun1214:20160924002502j:image

「もー我慢できねぇ!香代子を先に食べちゃうぞぉ~!」 

 

 

f:id:kazamakun1214:20160923231218j:image

香代子「ちょ、ちょっと!やめてよ、殺すよ。」 

 

f:id:kazamakun1214:20160923231232j:image

香代子「はーい。できたよぉ~!どん兵衛で~す。油揚げに隠し包丁入れといた!」 

 

 

 f:id:kazamakun1214:20160924002515j:image

 「お、すげぇ!こんな美味しそうなどん兵衛初めてみた!いっただきまーす!」

 

 

心がきついので、ここらへんでやめておこうと思います。 

 

 

ラブラブショット

 

f:id:kazamakun1214:20160923223611j:image

 

 

 

ね。 

 

 

 

まとめ

 f:id:kazamakun1214:20160924003719j:image

 

記事を書いているだけで、精神が崩壊してこんな感じになりました。

 

もう二度とやりません。

 

皆さん、彼女は普通に作りましょう。

 

その方が絶対幸せになれると思います。 

 

f:id:kazamakun1214:20160923231249j:image

 

自分は、彼女ができる気がしないので、とりあえずピンサロにいってから、今後の人生設計を改めて考え直したいと思います。

 

 

ありがとうございました。