読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今人生留年中。就職浪人生ケイボンのブログ

2016年の就活生の内訳中わずか3%の変態就職浪人にして、親のすねをかじる再就活中の本州最強のカスです。読んでもらった人に失笑してもらえれば嬉しいなぁと思います。

納豆が入っているってばれないのか!?ミスター味っ子の納豆入りモンブランを友達に食べさせた

漫画

こんにちは!

 

料理漫画を読んだことのある人なら、わかると思うのですが「それって本当?」と疑問が生まれることってありませんか。

 

自分にとってそれはミスター味っ子の「納豆モンブラン」でした。

 

納豆が嫌いな人のために、納豆が見えない、そしてわからない形で調理しようと、主人公の味吉陽一は試行錯誤します。

 

そんな過程から生まれた料理のひとつが納豆モンブラン

 

下の画像をご覧ください。

 

f:id:kazamakun1214:20160721231758j:image

 

f:id:kazamakun1214:20160721231820j:image

 

 とまぁ、こんな流れになるわけです。

 

 バナナが納豆の糖化を進めて最っ高の組み合わせになるそう。

 

・・・本当か?

 

本当に納豆が入ってるってバレないのか?てかうまいのかな?

 

何事にも疑ってかかるという癖をつけている自分は、実際に検証してみないと気が済みませんでした。

 

というわけで

 

f:id:kazamakun1214:20160721230912j:image

 

バナナモンブランver納豆の製造に着手しました。

 

上にあるのがそのための材料一覧です。

 

材料は適当に揃えました。一応ちゃんとしたモンブランの作り方をネットで調べ、「まぁ、あとは栗をバナナに置き換えて、納豆入れりゃいいだけっしょ!」という非常に賢い思考のもと、集めた食材達。

 

まずは、ソース作りのために、牛乳と生クリームの白汁にバターを入れるという作業から始めました。

 

f:id:kazamakun1214:20160721230926j:image

 綺麗な黄色ですよね。カレーみたい。

 

次に主役のひとつであるバナナを入れます。

 

f:id:kazamakun1214:20160721230937j:image

 身長の高い男の子と背の低い女の子がベッドの中でキスしてるような姿勢のバナナ達。を尻目に、砂糖やらはちみつを入れ、2人の愛を育んでやったわけです。

 

感謝しろよな。

 

そして、何十分かIHで火にかけ、愛を育んでいた2人をドロッドロにしたのが下の画像です。

f:id:kazamakun1214:20160721230949j:image

 

もうちょっとすりつぶせば良かったなぁ、なんて後悔は次に活かせばいいさ、なんて前向きな気持ちで切り替えました。次があるとは思えないですが。

 

 

そして、ついに

f:id:kazamakun1214:20160721231005j:image

 納豆投入です!

本日のメイン、さぁぶちこみます。

f:id:kazamakun1214:20160721231016j:image

・・・う~ん、これ、すりつぶしてから入れた方がよかったんじゃ?

 

これが大きな失敗であったことに気が付かず、黙々と作業をすすめる俺。

 

なんとかなるだろう、そんな俺の楽天家的な性格は、時に大きな災いを呼ぶんです・・・・・・

 

f:id:kazamakun1214:20160721231030j:image

まぁそれでもなんとか、熱を通しまくり、柔らかくしてやりました。

 

そんでもって柔らかくなった納豆達をスプーンでもって、丁寧にすりつぶしていきました。

 

しかし、ここで気になったのが、納豆の明らか原型を隠しきれていない感。ではなく

 

 

そう、元々の目的は、味吉陽一の作ったモンブランが実現できるかということ。

 

口に含んで味を感じた際に、納豆感がでていてはアウトなのです。

 

だから、このバナナモンブランの味は、重要な要素のひとつでした。

 

そんなわけで、恐る恐る、茶色の物体をスプーンという名の方舟によって、口元に運んだわけです。

 

残念ながら、口の中はよだれの大洪水というわけにはいきませんでした。

 

納豆がビンビンに主張していて、とんでもない味になっていたからです。

 

濡れた雑巾をちゃんと乾かさなかったような味、といえばわかりやすいでしょうか。

 

とにかく最悪でした。急いで味の調整に入ります。

 

まず、バニラエッセンスを馬鹿みたいに入れました。

 

失敗です。

 

ならば、とココアの粉末を牛に与える飼料並のスケールでぶち込みました。

 

失敗です。でも多少マシになった気がします。

 

最終手段です。下の画像を御覧ください。

 

f:id:kazamakun1214:20160721231158j:image

亡き叔父の好きだったウイスキーオールドパーです。

 

天国から見守る叔父に合掌し、ウイスキーを投入します。

 

量はスプーン2杯分ほど。

 

結果は・・・・・・

 

なんとかなりました

 

味をみてみると、だいぶ納豆感が消えてくれてました。

 

早速、事前に買っておいたスポンジケーキの上に、あのニュルニュルする奴で、盛り付け。

 

f:id:kazamakun1214:20160721231234j:image

見た目はちょっとあれですけど・・・・・・

 

こうして出来上がったバナナモンブランver納豆ですが、他の人に食べさせたらどうなるんだろうということで、大学時代の友人を呼びました。

 

f:id:kazamakun1214:20160721231246j:image

「えっ?何これ!?」

 

彼は俺の作ったバナナモンブランver納豆の美味しそうな見た目に、よだれがだらだらとこぼれているようでした。水を怖がるかな、ってちょっと思いました。

 

眉間にしわがよっていたのも、その部分に喜びの感情を示す何らかのサインが出たんでしょう。きっとそうです。

 

まぁ普通に嫌がってましたね。うん。

 

俺なら絶対食べないですもん。

 

それでも「これ大丈夫?」と不安がる友達に、「新鮮だから大丈夫!」という力強い説得をして、無理やり食べさせました。

 

いざ、実食 

 

 

f:id:kazamakun1214:20160721231256j:image 

 

「えっ?何?なんか入ってる?」

 

そりゃ入ってるでしょう。

 

「何が入ってるか当ててみてよ。」

 

顔をしかめながら解答する友人。

 

「・・・納豆?」

 

ばれたー!!!!!

 

友人に言わせれば口に入れた瞬間は気がつかないが、味わっているうちに、納豆感がでてきたらしいです。

 

はい。

 

というわけで、ミスター味っ子にはなれませんでした。

 

下町の包宰と呼ばれた人が父親の陽一と違い、自分の場合は野球大好きな消防士の親父ですからね。

 

無理なのは薄々感づいてはいましたが、ショックでした。

 

こうして、友達を一発こづき、試食会は幕を閉じました。

 

皆さんも、自分のように第二のミスター味っ子を目指してみてください。