読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今人生留年中。就職浪人生ケイボンのブログ

2016年の就活生の内訳中わずか3%の変態就職浪人にして、親のすねをかじる再就活中の本州最強のカスです。読んでもらった人に失笑してもらえれば嬉しいなぁと思います。

おかあさんといっしょのおすすめ曲を紹介!(1900年代前半~2000年代前半)

皆さんは物心ついたときから見ていたテレビ番組、覚えていますか。

 

自分はそのころ、よくおかあさんといっしょを見ていました。

 

また、CDもたくさん購入していたため、家族そろって車に乗りこみ移動するときは、常に車の中にはCDから流れるおかあさんといっしょの曲が流れていました。

 

そんなおかあさんといっしょのヘビーリスニンガー(良く聞いてるってことです)である自分が、おすすめのおかあさんといっしょソングを紹介します。

 

ただ、紹介する曲の年代は古いもの(1990年代前半~2000年代後半)が中心になりますので、注意してください。

 

ハオハオ

この歌は、ハオハオというおばけが子供と仲良くなる、というストーリー。

 

しかし、最後にハオハオはお母さんに連れられて、子供のもとからいなくなってしまう、という少し切ない結末が。

 

転校を経験し、仲のいい友達と離れてしまった自分と重ね合わせたから、心に残ったのかもしれません。

 

元気になれる曲という感じでは、ありませんが、胸の奥がほんのりとあったかくなる感覚を与えてくれる曲です。

 


ハオハオ

 

にじのむこうに

ハオハオより前の曲ですね。

 

雨があがったあとおひさまがでてきて......といった明るい曲です。

 

歌詞の「虹のむこうには何があるんだろう?」という純粋な疑問に、幼い頃の好奇心旺盛な気持ちを思い出します。

 


おかあさんといっしょ『にじのむこうに』

 

タンポポ団にはいろう

タンポポ団という仲間に誘う歌です。

 

また、春の仲間を探す、といった心がほっこりあたたかくなるような歌詞も入っています。

 

タンポポが咲き乱れる、春のぽかぽかとした情景が、頭のなかに浮かんでくるような歌です。

 

ちなみにタンポポ団は別に怪しい団体ではありません。

 


タンポポ団にはいろう!! ~おかあさんといっしょ~

 

 

公園にいきましょう

題名通り、公園に行こう!と元気よく歌った明るい楽曲です。

 

乳母車の赤ちゃんや、おじいさんおばあさんまで全員、公園に行こうと誘う歌詞。

 

この曲を聞いているうちに、公園にいきたくなってしまいます。

 


公園にいきましょう

 

いちごはいちご

いちごちゃんといういちごの女の子の人生?を歌った歌です。

 

最後はシュガーボーイ(砂糖)と出会ってジャムになった、というところがいいです。

 

メロディはポップで、でもなぜか切なく聞こえるのは自分だけ?

 


いちごはいちご

 

銀ちゃんのラブレター

甘酸っぱい雰囲気のある曲です。

 

字がかけない銀ちゃんのラブレターは、子供さながらの柔軟な発想で、もらう方はきっと嬉しいだろうなぁと思うような、そんな歌です。

 


銀ちゃんのラブレター

 

夢のパレード

夢のパレードは、本当に元気が出る歌です。

 

軽快なリズムとドリームな歌詞が合わさり、彼女に振られた憂鬱な気分も、どこかへ吹き飛んでしまうような、そんな歌です。

 

この歌をくちずさみながら、ヨーロッパのキレイな町並みを歩いてみたいものです。

 


夢のパレード

 

にじのいろとおほしさま

お母さんといっしょのバラード?です。

 

落ち着きます。就寝前に聞くと、ぐっすり眠れるような。

 

今までの曲のように、太陽やひまわりを感じさせるような、明るい印象こそありませんが、秋の夜の半月や冬の夜空に浮かぶ、ホタルの群れのように散りばめられた星空が想い浮かぶ、そんな歌です。

 


にじのいろとおほしさま