読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今人生留年中。駆け出し野郎ケイボンのブログ

2016年の就活生の内訳中わずか3%の変態就職浪人にして、親のすねをかじる再就活中の本州最強のカスです。読んでもらった人に失笑してもらえれば嬉しいなぁと思います。

「可愛い女の子と話せない......」という人へ......好きな写真集を使って可愛い女の子への緊張を解消しよう!

※これから紹介する方法はまだ効果のほどを試していないのでご注意ください

 

 

「可愛い女の子相手だと緊張して話せねぇ!」という人へ

 

折角デートまでこぎつけたのに、緊張してうまく話せなかった、言葉がでてこなかった。だって、だって、、、

 

 

 

 

 

 

 

......だって可愛いんだもん!

 

という人は世の中に8億人くらいいるんじゃないでしょうか?万国共通の課題ですね。

 

 

自分がまさにそうでした。つい緊張して膝枕を要求しフラれたり、食事中つい緊張して無言になり顔見知りですらない厨房のシェフを20分間くらい見つめる、など。

 

 

これは、まずいぞ!と自分でも感じてはいました。「可愛い女の子への緊張が半端じゃあない!」と。

 

 

かといって女友達相手に練習しても緊張しないから意味ないし、そもそも今までの人生で可愛い女の子と知り合う機会が少なかったよう~となってしまうでしょう。

 

 

そんなときこそ、写真集を使いましょう

写真集の使いみちは観賞用だけでありません。※もちろんオ○ズ用でもありません

 

可愛い女の子相手に緊張しないためのトレーニングとして、使用することができるんです。

 

自分の持っている女の子の写真集なら、自分の理想を体現したような美少女ばかりのはず。

 

現実で会うことにもしなれば、きっと奥歯がガタガタ震えるほどに、緊張してしまうでしょう。

 

あ、ちなみに写真集でなくても何かしら自分が心のそこから可愛いと思える女の子の画像とか、写真があれば大丈夫ですよ。盗撮はやめてください。

 

美少女写真集によるトレーニング

はい、というわけで、さっそく方法をば、紹介していきます。

 

最初に使わせていただく写真集はこちら!

f:id:kazamakun1214:20160829003822j:plain

元乃木坂46の「聖母」深川麻衣さん通称まいまいの、卒業前最初にして最後の写真集<ずっと、そばにいたい>です!

 

深川麻衣さんについて詳しく触れてしまうと、この時点で5000文字は超えてしまうのでやめておきましょう。

 

はい、というわけでですね、この方、自分にとってめちゃめちゃタイプなんです。

 

なので、実際に出会ってしまったとしたら、「ふぇぇ、ふぇ、ふぁ~」と常に風を放出しているような口調で会話することは間違いないありません。

 

ではさっそく、トレーニングをしていきましょう。やり方の説明は後にするので、まずは今からやることを見ていただけるとありがたいです。

 

<初デートで待ち合せた後、兼ねてから深川さんがいきたかったらしい、下の場所に来たという設定(待ち合せの駅から徒歩3分くらいなので道中大した話はできていない)>

 f:id:kazamakun1214:20160830230323j:image

深川さん「うわぁ~面白~い!」

 

「すごいよね、一面ガラス張りでさ。(ここでマジックミラー号みたいだね!とかいったらアウト)」

 

深川さん「ね!あ、ほら、〇〇君の顔ガラスにくっきり写ってるよ~」

 

「恥ずかしいな笑 深川さんって、普段休みの日はこんな感じで外で遊んだりするの?」

 

深川さん「う~ん、そうだね~友達と買い物いったり、美味しいごはん食べたり、が多いかな!」

 

「へ~俺も似たような感じだなぁ、服買ったり飯食べたり(ここで向こうが掘り下げてきたら、その後の展開に身を委ねる)。飯は自分で作ったりもするの?」

 

深川さん「うん、友達と一緒に外でごはんを食べる日以外は、自分で作ってるかな。」

 

「え、すごいな。でも仕事で疲れてそれどころじゃないって日もあるでしょ?」

 

深川さん「う~ん、いつもそんな疲れるわけじゃないけど、そんな日は外食で済ませちゃうかな笑」

 

「あ~わかる。俺も疲れてるときは外食で済ませちゃう笑 でも深川さんほどではないにしろ、俺も飯は自分で作ることあるよ!生姜焼きとか笑」

 

深川さん「えっ、すごいね!生姜焼き作れるんだ!」

 

「いや、そんな難しくないし、肉あれば他のおかずいらないし笑 深川さんは何作るの?」

 

深川さん「私は、自分が好きなのもあるんだけど、オムライスをよく作るかな!」

 

「すごいじゃん!俺オムライスすごい好きだわ!良かったら、俺に今度作ってくれない?」

 

深川さん「いいよ~!じゃあまた日にち合わせよっか!」

 

「そうだね!」

 

あ、もうとりあえず限界をひとつ迎えました。

 

これをもっと長く続けられて、うまいこと会話になればいいんですが......

 

はい、というわけで、見ての通りまるでうまい会話でもありませんが、自分は一応ひとつだけ気をつけてました。

 

沈黙を作らないことですね。

 

自分の課題は、話を次々変えられず掘り下げてしまう傾向にあるので、うまく掘り下げられないと手詰まりになってしまうんです。

 

例えば、仲の良い男同士の会話だと、漫画の深い話だったり、ちょっとこうマニアックなところまで話が進むので、奈落の底を突き進むような感覚で話すことができるんですね。

 

1つのテーマで延々話し続ける、学者みたいな会話ができるわけです。

 

でも初デートの女の子相手ではそうもいきません。

 

そもそも相手のことを知りたいからデートに誘っているわけで、いきなり自分のフィールドに引きこもうなんて虫が良すぎます。ゲームマスター天沼じゃないんですから。

 

自分は初デートの女の子相手にあまりうまく話せないのは、掘り下げるからだと分析しました。

 

なのでとにかく、掘り下げによる沈黙を防ぐため、話が次々変わるように話すことを意識しながら会話をしたつもりです。

 

 

めちゃめちゃモテる友達のアドバイスを参考にしましたが、まるで自然ではなく、またちゃんと話が次々変わっているかといったらそうでもなく。

 

まだまだ自分のものにできていないようです。 

 

というわけで、この写真集トレーニングをする際は、会話における自分の弱点を克服する意識で行いましょう。 

 

 

良かったらこの画像を使って練習してみてください。 

f:id:kazamakun1214:20160830230345j:image

 

 

 

 

どうやったって緊張はする、可愛いんだから 

 

f:id:kazamakun1214:20160830230333j:image 

会話の練習をしたならば、体は覚えているものです。

 

すらすらとまでは行かなくても、練習をする前よりはよっぽど自分の弱所をカバーした会話が可愛い子とできるはず。

 

そして可愛い子を見すぎて感覚が麻痺し、可愛い子を前にしても対して緊張せずに自然体でいられるはずです。

 

ぜひ気になる女の子とのデートが決まったら、この写真集トレーニングで会話の練習をバッチリしてから本番にのぞんでみてください。

 

アデュオス!