読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

只今人生留年中。駆け出し野郎ケイボンのブログ

2016年の就活生の内訳中わずか3%の変態就職浪人にして、親のすねをかじる再就活中の本州最強のカスです。読んでもらった人に失笑してもらえれば嬉しいなぁと思います。

散歩しながら勝手にツッコミを入れる"ツッコミ散歩日記"

こんにちは。ケイボンです。

 

いやぁ寒くなってきましたね。本当に。

 

部屋の空気が循環するように9月の中頃まで、ベランダへ続く大きな窓を1日中全開にしていた僕ですが、さすがにそれを今やると風邪をひくなぁ、と感じます。

 

さて、一気に寒くなってきたとはいえ、僕の日課?いや趣味である散歩のペースが滞るようなことはありません。

 

むしろ、寒くなってくれば来るほど、「こんなに寒いのに俺は外を散歩しているけど、何の意味があるのだろう?」と、自分に問いかけ、それにまた自分が答えるという、応酬(クエスチョン→アンサー)の時間が増えていきます。

 

そうすると、1人暮らしの僕なんかは滅多に人と話す機会がないものですから、自分対自分の会話で人恋しさを紛らわせられるというわけです。

 

とにかく冬の足音がすぐそばで聞こえる今の時期でも散歩をしているわけで、今日も自宅周辺を散歩してきました。

 

その際に1つ、ツッコミたくなるようなことがあったので紹介します。

 

時刻は午後3時位。強すぎもせず弱すぎもしない丁度いい日差しが、裏筋みたいなコンクリートの道路を照りつけている時間帯でした。

 

そんな時、たらたらと僕が国道沿いの道を歩いていると、前から外国人の夫婦がベビーカーを押しながら歩いてくるんです。

 

旦那さんはデイビットって感じの方で、奥さんの方は......あんまり印象がないです。

 

まぁとにかく、幸せそう~に歩いてくるわけですよ。見せつけるかのように。お前彼女いないだろと言いたげな感じでね。

 

おお、夫婦だなぁと思ってスーっと通り過ぎようとしたんですけど、ちょっと違和感を感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旦那さん(デイビット)の声やけにデカイな

 

 

 

 

「~silent。it makes~」と話していたんですが英語力皆無の僕からしたら、そんなに大声でいう内容なのか?という印象を受けました。

 

いや、本当にデカイんですよ。絶対隣で話を聞いてる奥さんの鼓膜、パッツンパッツンになってます。

 

多分、日本音量ランキングがあったら、選挙カーの次くらいにランクインされるレベルだと思いますね。

 

 

そして、それを聞いてとっさに思い浮かんだツッコミがこれです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TEDか!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解説するのも恥ずかしいですけど、英語だし会場でマイク使って話すレベルで大声だし、という2点からこのツッコミが浮かびました。

 

 

 

僕の尊敬するダウンタウンの浜田さんなら、「うるさいわぁ!」とか「何をそんなに大声で話すことがあんねん!」、とかおっしゃるのでしょうか。

 

 

まだまだ修行不足のようです。

 

 

はい、それではさようなら。