ケイボンのブログ

漫画についてと、ふと気になったことを記事にしてます

思わず使いたくなる!漫画のたとえツッコミ5選

チハっす!

 

僕の大好きな番組「日向坂で会いましょう(旧:ひらがな推し)」。この番組で、「キン肉マン」を使った例えツッコミを、若い女の子に覚えさせるという斬新な企画をやっておりました。 

 

▼立ち食いしてる人に突っ込む「初期のテリーマンか!」

  

▼トゲトゲやスタッズ系のファッションをしている人に突っ込む「ネプチューンマンか!」 

 

など

 

 

僕もひらがな推しに習い、日常でも使用できる例えツッコミを編み出したので、ぜひ使ってみてください。

 

 

写輪眼を使った後のカカシ先生か!

大人気忍者漫画「NARUTO(ナルト)」で、主人公うずまきナルトの先生役として登場するはたけカカシ。彼は、うちは一族の特殊能力で最強の瞳術「写輪眼」を使うことができる人物です。しかし、うちは一族ではない彼は、物語当初写輪眼を使っただけで三日寝込んでしまうほど疲労しました。

 

徹マン明けの友人や深夜アニメを見すぎて夜更かしした友人に使ってみましょう。

 

 

「ワンだふるピヨ彦か!」

ギャグ漫画の名作といえば、うすた京介先生の「ピューと吹く!ジャガー」でしょう。主人公のジャガーとツッコミ役のメインキャラピヨ彦のやりとりがこの漫画のキモ!ある冬の日、雪が降ってはしゃぐ二人は外に出ます。

 

そして

 

 

f:id:kazamakun1214:20190715232339p:image

 

これがワンだふるピヨ彦

 

いつの間にか自分、もしくは他人が全裸だった時に使ってください。なおかつ首輪を巻いていたら最高です。柔道着は最悪なくてもOKとします。

 

 

「ハオの巫力かよ!」

週刊少年ジャンプで連載されていた「シャーマンキング」。ラスボスのハオの巫力(霊力とかオーラとかみたいなもの)が125万という数字であることに由来したツッコミです。要は絶望的な数値なんですよ。主人公の仲間たちの中で一番高くても大体20万くらい。

 

とんでもない量や明らかに終わらない仕事を振られた時に使えます。「ハオの巫力かよ!」と。

 

  

 「イタコ笛を吹かれた時の飛影か!」

幽遊白書で、幽助が得体の知れない連中に囚われたときに、ぼたんが仲間の飛影を見つけるためイタコ笛を吹いたシーン。あまりの笛のうるささに、木の上から蝉が落ちるかのように頭から落ちた飛影でした。

 

木からボトッと蝉が落ちた時にでも使ってください。あと、なんかものを落とした時とか。汎用性の広い例えツッコミですね。

 

 

チャドの霊圧かよ! 

久保帯人先生の名作「BLEACH」で、主人公・黒崎一護の仲間「チャド(茶渡泰虎)」。

 

彼はよく敵にやられてしまう、かませ犬キャラポジションなんですね。「チャドの霊圧が消えた.......」 と一護に呟かれるシーンはあまりにも有名。

 

ディズニーランドへ遊びに行った時に、はぐれてしまった友達に対して使ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約2000円のぶどうジュース!『ポールジロー』の最高峰グレープジュース

おにょニョニョ。

 

ケイボンです。以前から気になっていた、グレープジュースをアマゾンで頼みました。

 

その名もポールジローのスパークリングジュース。

 

 

 

最高級ブランデー醸造家が作るブドウジュース?

ポールジロー」は、コニャック地方産の手摘みブランデーのブランド。

 

コニャックといえば、高級ブランデーの一種。そんなブランデーを生み出すコニャック地方で作られていることなんですね。

 

ちなみにコニャック地方は6つの小さな地区に分けられています。各地区で栽培されるブドウには個性が実に様々。その中でも、最高峰の地区と言われているグランシャンパーニュ地区です。

 

その最高峰の地区に住むブランデー生産者の一人がポールジロー氏。全てのブドウを一つ一つ手で摘み、品質を確認しています。大手のメーカーは全部機械に任せるので、そんな手間のかかることはしません。

 

なんでそんな手間をかけるのか。

 

逐一ようすを確認しながらブドウを自然に発酵させて、片時も目を離さず樽に詰めるタイミングを計ります。膨大な時間と労力をかけ、ていねいにていねいに品質の高いブランデーを生み出している、ということなんですね。 

 

そして、ポールジローはお酒だけでなく、ジュースの製造も行なっています。

 

先に紹介したスパークリング・グレープジュースは、ポールジロー氏がコニャックを造るのに使用するユニブランを、そのまま搾って無添加のスパークリングジュースに仕上げている、年に一度の限定品です。

 

高級ブランデーをジュースにした、普通のグレープジュースでは味わえない品質の高いもの。

 

ちなみに僕が買った時に、スパークリンググレープジュースは、Amazonで1本2000円でした。 

 

 

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025003j:image

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025018j:image

 

f:id:kazamakun1214:20190709025035j:image

 

ぱっと見ワインですよね。

 

 

黄金色の見た目がなんだか神々しい。

 

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025058j:image

 

 

では、コルクを抜いて、グラスに注いでみます。

 

 

 

 

 

よいしょと。

 

 

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025114j:image

  

うおっ!!!!!!

 

コルクを開けた瞬間、葡萄の匂いがパアッと花みたいに広がりました。

 

つあ〜〜〜〜〜、

 

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025125j:image

 

 

。黄金色の液体からふつふつと泡が.......

 

まるで深海から湧き出てくる海洋深層水のよう。まじまじとみてしまいます。

 

 

f:id:kazamakun1214:20190709025149j:image

 

 

グラスを鼻に近付けた瞬間香りがブワッ!!と、一段と強くなる感じですね。一輪の花を嗅いでいたら、辺り一面が花畑になったようなイメージ。自分で言っててよくわからないですけど。

 

口に含むと、高級な味わいが舌を転がっていきます。あんまりにももったいなくて、ちびちび飲んでいましたが、あっという間に半分以上なくなりました。

 

ポールジローさん、ごちそうさまでした。美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤンキー漫画名作3選+おすすめ6選(計9選)

ケイボン。

 

ラーメンはいつ食べても美味しいように、ヤンキー漫画もいつ読んでも面白い。というわけで、この記事ではおすすめのヤンキー漫画を紹介する。

 

 

俺がおすすめしたい名作3選

ヤンキー漫画好きなら誰でも読んでる名作の中から、個人的に好きな作品3つを紹介。

 

クローズ

世の中つえーやつはなんぼでもいるって事教えてやる! 

 

 

累計発行部数4600万部(漫画全巻ドットコム調べ)を記録する名作中の名作。個人的にクローズの主人公坊屋春道が全てのヤンキー漫画で最強であって欲しいと願っている。

 

この漫画のなにがいいって主人公がめちゃくちゃ強いことだよな。坊屋春道は作中何回か負けるんだけども、まともなタイマンで負けたのは1回だけ。それ以外は主人公補正にしたって圧倒的な差で勝ってる。

 

春道の上のセリフもかっこいい。この後、言い訳もできないくらいボコボコにされる。

 

 

今日から俺は

わかってんのか!?俺は開久の頭だぞ!!

俺は三橋貴志だ!!

  

賀来賢人主演でドラマ化もされたヤンキー漫画。 累計発行部数4000万部(漫画全巻ドットコム調べ)を記録する名作だ。

 

1人でいるところをボコボコにされるも、2人揃ったところで倍返し。の爽快感がたまらない。「2人揃ってしまえばお前なんか」と読みながら、負け惜しみみたいな感情が湧いてくる。

 

喧嘩シーンももちろん面白いが、やはり紅高のバカ番長今井がこの漫画の目玉だ。バナナの皮ももちろん、大学を目指すと言った時、驚く伊藤・三橋の背後に地球が割れたイメージカットが入るのは最高だった。

 

カメレオン

明日の朝刊載ったゾ テメーーー!! 

 

 

累計発行部数3000万部(漫画全巻ドットコム調べ)を記録する異色の名作ヤンキー漫画。なぜ異色なのか。主人公は小学生の女の子に負けるほど喧嘩が弱いからだ。

 

そんな喧嘩が弱すぎる主人公矢沢栄作だが、運の良さと口のうまさ(ハッタリ)だけはダントツ。その二つを駆使して、バケモノみたいなヤンキーと渡り合えるのはすごい。

 

俺の好きなおすすめ6選(準メジャー)

名作3つほどは知られていないであろう、6つのヤンキー漫画を紹介。

 

A-BOUT!

A?BOUT!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

A?BOUT!(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

主人公の朝桐は、他のヤンキー漫画の主人公の5倍くらいダメージを負っていると思う。もうさすがに無理だろうと思うところから、信じられない力を出す魅力がある。

 

派閥と3年。3年の圧倒的な威圧感と喧嘩の実力が格の違いを演出して、他にどんな3年がいるんだろうと、敵キャラの登場を心待ちにしてしまう漫画だ。 

  

 

セブン☆スター 

 

 

段々「セブンスター」と言われ恐れられた仲間が集まってきて、団結するのがいい。オレオレ詐欺の回は感動した。健のばあちゃんが100万ぐらい盗られたことにブチギレたセブンスターメンバーがアジトに殴り込み。ボコボコにしたところは爽快だった。

 

 

 

OUT

OUT 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

OUT 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

 

主人公より他のメインキャラクターが魅力的。例えば青目の目黒。喧嘩センス抜群で、頭をコンクリートに叩きつけられた後に、喧嘩に勝つ。そのボロボロの体で、事故とはいえ相手を殺してしまう化け物ぶり。たまらない。

 

凶器を使用しない素手の喧嘩で、メインキャラクターが1人死亡した。そこまでやる?と読者に思わせるほど、人を殺すことにストッパーがかかってないこの漫画の登場キャラクター達。イかれた喧嘩がみたいならぜひこの作品。

 

 

CUFFS 傷だらけの地図 

CUFFS 傷だらけの地図 (1)

CUFFS 傷だらけの地図 (1)

 

 

 

主人公が好き。これに尽きる。口喧嘩では絶対に負けないところと、自分の正義を絶対だと思っていないところと、高速道路のど真ん中で戦うくそ度胸と無鉄砲さがたまらない。

 

自分には決して真似ができないから、憧れる。

 

 

 

元ヤン

元ヤン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

元ヤン 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

喧嘩の実力が拮抗していたと思われていたメンバーの中でも、実は最強だった主人公がいいし、一発で相手をぶちのめすのが気持ちいい。ヤンキー版ワンパンマン

 

「なんでヤクザの家に押し入って組長をぶっ殺したのか?」の謎が段々明らかになっていくのも見ていてワクワクする。

 

 

 

東京卍リベンジャーズ

 

タイムスリップ系ヤンキー漫画。何度タイムスリップしても彼女が殺されてしまう。そんな未来を変えるために、タイムスリップして過去を変えようと奮闘するヤンキー漫画。

 

「彼女はなんで殺されてしまったのか?」「鍵を握るキサキテッタは何者なのか?」などまだまだ多くの謎が残っている作品。

 

カメレオンと同じく主人公は喧嘩が弱い。弱いからこそ、勇気を振り絞り強敵に立ち向かっていく姿やそれが評価されて、喧嘩チームの中でのし上がっていく様が最高にかっこいい。

 

 

 

店の人が出てこない昔ながらの駄菓子屋について

 

f:id:kazamakun1214:20190516091957j:plain


皆さんは昔ながらの駄菓子屋にいったことがあるだろうか?

 

駄菓子屋といっても、「お菓子のまちおか」のような、高校生のバイトが働く、チェーン店のことではない。

 

僕が言いたいのは、築200年くらいの木造で、店内には線香の匂いがプーンと漂い、入り口の引き戸はガタガタと大きい音をたてる上、錆び付いてるせいかスンナリ開かず、予想外のパワーを費やしてしまう。。。

 

そんな「昔ながら」の駄菓子屋のことだ。

 

「昔ながら」の、いわばノスタルジックな駄菓子屋は、楽しかった子供時代を思い出す重要なキーであると思う。しかし、自分にとっては「恐怖の思い出のトリガー」であった。

 

僕が小学生の頃、「学校からの帰り道に」or「家に1度帰ってから」駄菓子屋へ立ち寄るというのは自然のことだったことを覚えている。大体まだ外は青空で、日光も強く照りつけている午後15時くらいの時間帯だ。

 

なのにだ。駄菓子屋の前に立っても、店内の様子がはっきり見えない。断っておくと、決してスモークガラスなどではないのだ。芸能人などいないのだから。

 

例えるなら、赤坂見附ステーキ屋ぐらい薄暗かった。 端的に言うと地下室。

 

ただいくら暗くて怖いからと言って店内に入らないわけにはいかない。

 

「暗がりを怖がる自分」など、当時の自分にとって仲の良い友人や慕ってくれる後輩に顔向けができないから。

 

小学生の頃って何かに怯える自分とか、何かに熱くなる自分がたまらなく恥ずかしい時期だった。

 

それはともかくとして、なんとか勇気をふり絞って、駄菓子屋の店内に入ると......

 

 

 

 

誰もいない。これはおかしい。年齢不詳・職業不詳(駄菓子屋)のご老人が座布団の上に鎮座しているはず......

 

ふと、鼻がムズムズし始める。店内は、線香の匂いが充満していた。

 

 

20秒ほどたったと思う(体感は10〜15倍の時間)。

 

 

 

 

 

 

KO・NA・I(来ない)。

 

 

 

 

 

 

 

これこそ、恐怖ポイントその2「タイミング外し」だ(1は暗さ)。

 

とにかく、駄菓子屋の住人はこちらが予測するタイミングを外してくる。「客がドアを開けた瞬間、奥の方から引き戸が空いてゆるりゆるりとやってくる」というこちらの希望を簡単に打ち砕くのだ。

 

これはおかし(お菓子)いと思った。

 

なぜならチリンチリンとドア上の鈴がなる場合もあるし、立て付けの悪い扉だったら、ガタガタと鳴る音で、「あ、お客さんかな?」と気がつくはず。

 

ただなにぶんご老人であることを忘れてはいけない。耳が遠く、「音」で来客を感知することができない場合がある、ということ。

 

幼い頃の僕はその辺りの事情を全く考えられていなかった。そこは反省している。

  

とりあえず待てども待てども、店の人が出てこない時は、仕方ないので、「すみませ〜ん!」と大声をだす他ない。

 

「すみませ〜ん!」を何回かくりかえす。恥ずかしい。これも嫌だった。

 

でも、まるで物音がしない。恋愛小説風(?)にいうと、「この世界に僕しかいなくなったような」。

 

「ちょっと待ってて、お前が気に入りそうないいワインがあるんだよ」とでも言い残し地下の薄暗いワインセラーの奥へ消えていく、ワイン好きの金持ちの友達とのやりとりだったら、この状況も納得だ。

 

違う。駄菓子屋にあんドーナツを買いに来ただけだ。

 

永遠とも思えるような時間がすぎ、もう帰ろうかなと、翻そうと思った瞬間。

 

目をこらすと暗がりから、ぼやっとした輪郭が徐々にサイズを大きくして、ススス.....と近よってくるのがわかる。

 

図太さの極地とも言えるこの登場(足が悪い場合もある)は、ある意味、駄菓子屋の風物詩・シンボルと言えるだろう。

 

さて、まだ恐怖の時間は終わっていない。注文をしないといけないのだ。しかも大声で。

 

タイミング・薄暗いという二つの畏れを引きずる少年の縮まりかえった声帯では、老人の耳に届く音量を調節できない。

 

「その耳の補聴器はなんのためにつけてるんだ」と憤慨したこともあったが、今となっては仕方のないことだと思える。

 

こうした体験をへて、僕は大人になったのだ。

 

 

最後に

「待ってる間の暗さの恐怖」プラス「タイミングを外されてやってきた時の恐怖」、「そして声が届かず恥ずかしい思いをする恐怖」という三段構えは、昔ながらの駄菓子屋に行く際、必ず覚悟しなければいけないことだ。

 

 

しかし、そんな昔ながらの駄菓子屋へ行かなくなった今の僕は、少年の頃持ち合わせていた何か大事なものを無くしてしまったのかもしれない。

 

 

ドラマ『I"s(アイズ)』で誰を選ぶのが一番良いのか考えてみた


~連続ドラマ「I"s(アイズ)」事前特番~ 連続ドラマ「I"s(アイズ)」徹底ガイド

 

 

チハっす。

 

ケイボンっす。この記事では、最近どハマりしてる、ドラマ『I"s(アイズ)』のヒロインいついて書きやす。

 

原作をみたこと無い人でも楽しめると思うので、この記事を読んで興味を持ってもらえたら嬉しいっす。

 

っす。

 

ドラマ『I"s(アイズ)』って? 

f:id:kazamakun1214:20190427220308j:plain

そもそも『I"s(アイズ)』は週刊少年ジャンプ桂正和先生が連載されていた恋愛漫画

 

そしてその実写ドラマが、2019年1/25から4/26までスカパーで放送されていた(全13話)。

 

ドラマの評判は良くて、原作に忠実な内容が好評だったそう。俺は原作を読んだこと無いけど、面白かったな。

 

そして、ストーリーも最高だったが、やはりこの作品の目玉は、4人のヒロインだろう。

 

なんでモテるんだかわからない主人公、瀬戸一貴を4人の美女が取り巻くストーリー、、、的なあれだ。

 

 

よくわからないともうので、公式ドラマHPの紹介文を引用すると

主人公「瀬戸一貴」は高校2年生。同じクラスの「葦月伊織」に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな時、葦月と二人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に葦月と打ち解けてきた頃、突然一貴の前に幼馴染「秋葉いつき」が現れる

引用:https://vod.skyperfectv.co.jp/feature/bss_is

 

 

『I"s(アイズ)』の主要人物と関係性

本当はもっといるんだけど、個人的に紹介が必要だと思ったキャラクターだけ。

 

主人公:瀬戸一貴(岡山天音くん)

優柔不断・気持ちとは逆の行動をとる(逆走くん)。そのせいで憧れの伊織ちゃんとなかなか上手くいかない。とにかく、心優しき純情で年相応のすけべ青年が一貴だ。

 

 一貴の親友:(伊島空くん)

シャビもびっくりの最強パサー寺谷。彼がいなかったら、一貴は伊織ちゃんと仲良く話すこともできなかった。

 

本当は大好きな越苗くん(小越勇輝くん)も紹介したいところだったが、泣く泣く取りやめました......

 

さてそれでは、ヒロイン4人の紹介に!!!!!

 

4人の『I"s(アイズ)』ヒロイン

磯崎泉ちゃん(萩原みのりちゃん)

あんな可愛い子に「先輩♡」なんて言われた日には・・・・・


ただ実際に付き合って?と言われたら、元彼がゴリゴリのヤンキーってところが妙にリアルで、思わず二の足を踏んでしまいそうな気はする。※間違いなく処女ではない


物語上一貴は、彼女の存在で伊織ちゃんと迷うことはそんなになかった。

 

それでもベッドの上で馬乗りされて外国人みたいなキスをされるという一大イベントを催したのは一貴のなせる業だろう。

 

この子は一緒に過ごしてて楽しいと思う。グイグイくるタイプだから、それが大丈夫なら、沼のようにこの子にハマるよ。 

 

秋葉いつきちゃん(柴田杏花ちゃん) 

いちご100%でいうところの西野つかさポジションだと勝手に思ってた。

 

どんなに辛いことがあっても笑顔を絶やさず、自分の感情をはっきり出す彼女。

 

あんな子と付き合ったら毎日が楽しいんだろうなぁなんて思う。結局明るい子の方がいいんだ。付き合うなら。うん。

 

一貴が最後まで迷いに迷いまくったため、伊織ちゃんからしたら最大のライバルだっただろう。

 

「命令!いつきちゃんをさっさと捕まえろ!」って最後去り際に一貴へ言うんだけれども言えるか普通?一貴のことめっちゃ好きだったんだぜ?すげーよな......

 

どのヒロインもそうだけど、相手の気持ちを考えすぎんだよな。泣きたいなら泣けばいいし、怒りたいなら怒ればいいし、最後は俺の胸を貸してやるからさ。と視聴しながら思った。

 

葦月伊織ちゃん(白石聖ちゃん)

ヒロイン中のヒロイン。この子は本当に言葉遣いが綺麗で声が可愛い。

 

一貴の家に伊織ちゃんを入れた時の話。伊織ちゃんが帰ろうとした際、「え?泊まってけば?」なんて声をかけた一貴に、ちょっと間をおきむすっと感じで「エッチしたいんだろ(ぅ)?」って聞くのはずるい。可愛すぎる。

 

最後に小さい「う」が入っているような丁寧さを感じるのは伊織ちゃんならではだ。同じセリフをいつきちゃんが言ったら、「エッチしたいんだろ!!(笑)」なんて笑いながら茶化す感じになりそう。......これはこれでいいな。

 

他にも卒業旅行で最初に言った「もう来ないと思ったじゃないかぁ」「だって会いたかったんだもん」と可愛く白状し見つめてくるなど、龍が天に昇っていく思いでみてましたよ。

 

今そんな言葉を使えるJKが、この世にいますか?「まじ?やべーっしょ」が関の山でしょ。女子高生にこの伊織ちゃんの奥ゆかしさはきっと出せない。

 

なので今、女子校の教育に最も必要なことは、女性らしい言葉遣いではないだろうかと思う。いや、俺が伊織ちゃんみたいなセリフを言われたいだけなんだけどさ。

 

でも、もし気になる男性がいるなら香水を変えるとか髪型、服装を変えるとかダイエットして彼好みの体型になるとかそんな面倒なことはしなくていいと思う。

 

ただ、普段の言葉遣いをかえるだけで男は幸せに、なれるんやお?

 

麻生さん(加藤小夏ちゃん) 

彼女のいる男と秋田に行くという謎の行動力と思考の持ち主ではあるが、ヒロイン中最も大人だと思う。彼女の意志の強さと大人な考えには正直脱帽だ。

 

”これ以上彼女のいる一高を好きになったら、1高にも彼女である伊織ちゃんにも迷惑をかけてしまう”と思ったのだろう。いちたかの隣の部屋に住んでいたマンションから引っ越しを決意した。

 

それでも、やっぱり最後は会いたくなってしまって、一たかが帰ってくるのを待つところが、年相応の女の子って感じがして愛おしくなる。

 

他のヒロインと違って、キスや手を繋ぐといったこともしなかった。一貴のことを本当に好きなのに。彼女がいるということにどれだけ心を殺していたかよくわかる。

 

ダークホース森崎

ダークホース。一貴の親友:寺谷に振られただけで「(親友に)死ねって言っておいて」と泣きながら言うその姿は怖くもありいじらしくもある。

 

正直、伊織の親友としてナミほど見た目や性格のインパクトは無いけれど、この時にドカンとやられた。そして同時に「なんで振ったのや!」と寺谷に憤りを感じる今日この頃である。

 

結論『I"s(アイズ)』ヒロイン4人の中で

俺は本当に一途だし、一貴みたいに迷ったりしない。この子って決めたらもうその子!だからもし俺が一貴だったら...............

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高1〜高2は伊織ちゃん

 

高2〜高3の1学期までいつきちゃん

 

高3の2学期〜卒業まで泉ちゃん

 

社会人1年目を麻生さんと過ごしながら

 

2年目に伊織ちゃんのことが忘れられず、麻生さんと別れ伊織ちゃんに突撃したらもうイケメンの彼氏と仲睦まじく過ごしていて、それをみた俺は一人寂しく池袋のはなまるうどんで麺をすする。

 

という未来が見えた。

 

誰か一人をずっと好きでいるのは無理だけど(?)、とりあえず一通り付き合いたい。

 

 

 

YOUTUBEの『I"s(アイズ)』ヒロイン女子旅

 

まだ全部は見きれていないものの4人のオフショットは本当に癒される。

 

皆が話しているところをみるだけで、心がうずうずしてドキドキして、止まりません!

  

興味があったらみてみてください

 

 

 

 

ドラマ『I"s(アイズ)』ぜひみてください

2019年4月27日現在U-NEXTで1話〜5話を、スカパーオンデマンドで6話〜最終話の視聴が可能。

 

スカパーはどれか1チャンネルに登録すれば、問題なくみれます。

 

自分は、6話〜最終話までをみるためだけに、一番安い月額200円くらいの天気予報?経済?チャンネルにして登録しました。

 

YOUTUBEの奴だと画質も悪いし、もろもろダメなので。ぜひ、みてみてください。

 

 

っちゃい!