ケイボンのブログ

就職したにも関わらず、親のすねをかじる、漫画狂いです。笑ってやってください

ドラマ『I"s(アイズ)』で誰を選ぶのが一番良いのか考えてみた


~連続ドラマ「I"s(アイズ)」事前特番~ 連続ドラマ「I"s(アイズ)」徹底ガイド

 

 

チハっす。

 

ケイボンっす。この記事では、最近どハマりしてる、ドラマ『I"s(アイズ)』のヒロインいついて書きやす。

 

原作をみたこと無い人でも楽しめると思うので、この記事を読んで興味を持ってもらえたら嬉しいっす。

 

っす。

 

ドラマ『I"s(アイズ)』って? 

f:id:kazamakun1214:20190427220308j:plain

そもそも『I"s(アイズ)』は週刊少年ジャンプ桂正和先生が連載されていた恋愛漫画

 

そしてその実写ドラマが、2019年1/25から4/26までスカパーで放送されていた(全13話)。

 

ドラマの評判は良くて、原作に忠実な内容が好評だったそう。俺は原作を読んだこと無いけど、面白かったな。

 

そして、ストーリーも最高だったが、やはりこの作品の目玉は、4人のヒロインだろう。

 

なんでモテるんだかわからない主人公、瀬戸一貴を4人の美女が取り巻くストーリー、、、的なあれだ。

 

 

よくわからないともうので、公式ドラマHPの紹介文を引用すると

主人公「瀬戸一貴」は高校2年生。同じクラスの「葦月伊織」に1年生の頃から恋心を抱いていた。そんな時、葦月と二人で「新入生ようこそパーティ」の実行委員をやるという幸運が訪れる。徐々に葦月と打ち解けてきた頃、突然一貴の前に幼馴染「秋葉いつき」が現れる

引用:https://vod.skyperfectv.co.jp/feature/bss_is

 

 

『I"s(アイズ)』の主要人物と関係性

本当はもっといるんだけど、個人的に紹介が必要だと思ったキャラクターだけ。

 

主人公:瀬戸一貴(岡山天音くん)

優柔不断・気持ちとは逆の行動をとる(逆走くん)。そのせいで憧れの伊織ちゃんとなかなか上手くいかない。とにかく、心優しき純情で年相応のすけべ青年が一貴だ。

 

 一貴の親友:(伊島空くん)

シャビもびっくりの最強パサー寺谷。彼がいなかったら、一貴は伊織ちゃんと仲良く話すこともできなかった。

 

本当は大好きな越苗くん(小越勇輝くん)も紹介したいところだったが、泣く泣く取りやめました......

 

さてそれでは、ヒロイン4人の紹介に!!!!!

 

4人の『I"s(アイズ)』ヒロイン

磯崎泉ちゃん(萩原みのりちゃん)

あんな可愛い子に「先輩♡」なんて言われた日には・・・・・


ただ実際に付き合って?と言われたら、元彼がゴリゴリのヤンキーってところが妙にリアルで、思わず二の足を踏んでしまいそうな気はする。※間違いなく処女ではない


物語上一貴は、彼女の存在で伊織ちゃんと迷うことはそんなになかった。

 

それでもベッドの上で馬乗りされて外国人みたいなキスをされるという一大イベントを催したのは一貴のなせる業だろう。

 

この子は一緒に過ごしてて楽しいと思う。グイグイくるタイプだから、それが大丈夫なら、沼のようにこの子にハマるよ。 

 

秋葉いつきちゃん(柴田杏花ちゃん) 

いちご100%でいうところの西野つかさポジションだと勝手に思ってた。

 

どんなに辛いことがあっても笑顔を絶やさず、自分の感情をはっきり出す彼女。

 

あんな子と付き合ったら毎日が楽しいんだろうなぁなんて思う。結局明るい子の方がいいんだ。付き合うなら。うん。

 

一貴が最後まで迷いに迷いまくったため、伊織ちゃんからしたら最大のライバルだっただろう。

 

「命令!いつきちゃんをさっさと捕まえろ!」って最後去り際に一貴へ言うんだけれども言えるか普通?一貴のことめっちゃ好きだったんだぜ?すげーよな......

 

どのヒロインもそうだけど、相手の気持ちを考えすぎんだよな。泣きたいなら泣けばいいし、怒りたいなら怒ればいいし、最後は俺の胸を貸してやるからさ。と視聴しながら思った。

 

葦月伊織ちゃん(白石聖ちゃん)

ヒロイン中のヒロイン。この子は本当に言葉遣いが綺麗で声が可愛い。

 

一貴の家に伊織ちゃんを入れた時の話。伊織ちゃんが帰ろうとした際、「え?泊まってけば?」なんて声をかけた一貴に、ちょっと間をおきむすっと感じで「エッチしたいんだろ(ぅ)?」って聞くのはずるい。可愛すぎる。

 

最後に小さい「う」が入っているような丁寧さを感じるのは伊織ちゃんならではだ。同じセリフをいつきちゃんが言ったら、「エッチしたいんだろ!!(笑)」なんて笑いながら茶化す感じになりそう。......これはこれでいいな。

 

他にも卒業旅行で最初に言った「もう来ないと思ったじゃないかぁ」「だって会いたかったんだもん」と可愛く白状し見つめてくるなど、龍が天に昇っていく思いでみてましたよ。

 

今そんな言葉を使えるJKが、この世にいますか?「まじ?やべーっしょ」が関の山でしょ。女子高生にこの伊織ちゃんの奥ゆかしさはきっと出せない。

 

なので今、女子校の教育に最も必要なことは、女性らしい言葉遣いではないだろうかと思う。いや、俺が伊織ちゃんみたいなセリフを言われたいだけなんだけどさ。

 

でも、もし気になる男性がいるなら香水を変えるとか髪型、服装を変えるとかダイエットして彼好みの体型になるとかそんな面倒なことはしなくていいと思う。

 

ただ、普段の言葉遣いをかえるだけで男は幸せに、なれるんやお?

 

麻生さん(加藤小夏ちゃん) 

彼女のいる男と秋田に行くという謎の行動力と思考の持ち主ではあるが、ヒロイン中最も大人だと思う。彼女の意志の強さと大人な考えには正直脱帽だ。

 

”これ以上彼女のいる一高を好きになったら、1高にも彼女である伊織ちゃんにも迷惑をかけてしまう”と思ったのだろう。いちたかの隣の部屋に住んでいたマンションから引っ越しを決意した。

 

それでも、やっぱり最後は会いたくなってしまって、一たかが帰ってくるのを待つところが、年相応の女の子って感じがして愛おしくなる。

 

他のヒロインと違って、キスや手を繋ぐといったこともしなかった。一貴のことを本当に好きなのに。彼女がいるということにどれだけ心を殺していたかよくわかる。

 

ダークホース森崎

ダークホース。一貴の親友:寺谷に振られただけで「(親友に)死ねって言っておいて」と泣きながら言うその姿は怖くもありいじらしくもある。

 

正直、伊織の親友としてナミほど見た目や性格のインパクトは無いけれど、この時にドカンとやられた。そして同時に「なんで振ったのや!」と寺谷に憤りを感じる今日この頃である。

 

結論『I"s(アイズ)』ヒロイン4人の中で

俺は本当に一途だし、一貴みたいに迷ったりしない。この子って決めたらもうその子!だからもし俺が一貴だったら...............

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高1〜高2は伊織ちゃん

 

高2〜高3の1学期までいつきちゃん

 

高3の2学期〜卒業まで泉ちゃん

 

社会人1年目を麻生さんと過ごしながら

 

2年目に伊織ちゃんのことが忘れられず、麻生さんと別れ伊織ちゃんに突撃したらもうイケメンの彼氏と仲睦まじく過ごしていて、それをみた俺は一人寂しく池袋のはなまるうどんで麺をすする。

 

という未来が見えた。

 

誰か一人をずっと好きでいるのは無理だけど(?)、とりあえず一通り付き合いたい。

 

 

 

YOUTUBEの『I"s(アイズ)』ヒロイン女子旅

 

まだ全部は見きれていないものの4人のオフショットは本当に癒される。

 

皆が話しているところをみるだけで、心がうずうずしてドキドキして、止まりません!

  

興味があったらみてみてください

 

 

 

 

ドラマ『I"s(アイズ)』ぜひみてください

2019年4月27日現在U-NEXTで1話〜5話を、スカパーオンデマンドで6話〜最終話の視聴が可能。

 

スカパーはどれか1チャンネルに登録すれば、問題なくみれます。

 

自分は、6話〜最終話までをみるためだけに、一番安い月額200円くらいの天気予報?経済?チャンネルにして登録しました。

 

YOUTUBEの奴だと画質も悪いし、もろもろダメなので。ぜひ、みてみてください。

 

 

っちゃい!